読書の秋には一風変わった野球マンガはいかがでしょうか?


巨人の星、タッチ、MAJORと野球マンガの名作はスポ根系が多く浮かびますが、
実はスポ根系以外にもちょっと変わった視点から描かれた野球マンガが多くあるんです!
今回はそんな一風変わったおすすめ野球マンガをご紹介していきます!

精神論でなく統計学!弱小高校が甲子園を目指し奮闘!


高校野球の監督をするのが夢だった物理教師が主人公の野球マンガ。スポ根系にありがちな精神論とはいわば真逆の「統計学」を駆使した、トレーニングや戦術で弱小高校が甲子園出場を目指して奮闘するストーリーである「僕はまだ野球を知らない」
モーニング・ツーにて好評連載中です!

「高校野球と金」がテーマ ドラゴン桜の作者が描く新しい野球マンガ!


ドラゴン桜の作者三田紀房氏が描く、これまでの野球マンガとは違ったテイストのストーリーの「砂の栄冠」
高校野球と金(かね)がテーマとなっており、高校野球は単なる学生スポーツとしてではなく「興行」であることを強調しており、野球部員たちが「さわやかな高校球児」を演じることにより試合を有利に進めようとする様が描かれています。

野球における心理戦、駆け引きを巧妙に描く「ONE OUTS」


駆け引き、読みあい、騙し合いといった野球における心理戦を巧妙に描いた「ONE OUTS」
“不運の天才打者”児島弘道と球速120km/hそこそこの直球だけにも関わらず賭野球無敗を誇る渡久地東亜が、万年Bクラスの弱小球団の運命を大きく変えていく物語となっています!

PL出身の作者が描くPL高校野球部のリアル


強豪校であるPL学園野球部のOBが描く野球マンガ「バトルスタディーズ」
PLのOBだからこそ描ける鉄壁の上下関係や過酷な寮生活、甲子園に出るために人生のすべてを懸ける高校球児たちを描いたリアルすぎる野球マンガです!

スポ根系以外にも様々な切り口で描かれている野球マンガ、気になった方はぜひぜひチェックしてみてください!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles